海外に飛ぶ前に加入|海外旅行保険の事ならファイナンシャルプランナーに相談を

お金の問題を解決

入っておくと安心!まずは海外旅行保険の詳細を知ろう

海外に飛ぶ前に加入

パスポート

病気やケガに対応

移動中の事故で怪我を負った場合や病気にかかり入院となった場合、海外では国民健康保険を使うことができないため、多額の医療費や入院費を自己負担しなければなりません。しかし、病気やケガに対応している海外旅行保険があれば、全額負担を避けることが可能です。

24時間いつでもサポートが受けられる

言葉が通じない現地で、困ったことがあっても海外旅行保険に加入しておけば24時間いつでも日本語でサポートを受けることができます。さらに、日本語ができる医師を率先して紹介するので、怪我や病気に倒れても安心です。

盗難被害が多い国は入るべき

例えばカメラやバッグが盗まれた、あるいは壊された場合に適用される携行品損害関連の保障は加入しておいて損はしません。旅行中に破損した持ち物を修理する費用にあてることができますよ。逆に自身が破損させた場合は、賠償保障があると非常に助かります。

ニーズに合わせたプラン

必要な保障が含まれるプラン

賠償責任保障をはじめ、怪我や入院に役立つ治療費や死亡保障、救援者費用など必要な保障を一通りまとめたのがパッケージ型のプランです。とりあえず加入しておきたい場合や特にこだわりがない人に選ばれています。

カスタマイズするならフリープラン

予め保障がセットになったプランとは別に、旅行の内容に合わせて組み合わせられるのがフリータイプの良さです。クレジット付帯に足りない保障をフリープランで補うといった使い方が可能です。

団体向けのプラン

複数人や家族やカップルで海外旅行に行く場合に最適なのが団体向けのプランです。必要な保障を複数で共有できる他、個別で契約をするよりも安上がりになることもあります。保険料を安くするのであれば団体に尽きるでしょう。

あまりに安いと問題

海外旅行中のトラブルを保障する便利な保険ではありますが、安さだけを考えて選ぶと内容の薄いスカスカな保障しか受けられなくなります。例えば一番安い保険料だと、死亡保障は一千万、疾病だと保障なしです。医療費は500万円が限度で、飛行機延滞保障や手荷物延滞の保障も受けられません。対して、若干安い程度の保険なら、疾病の場合に一千万支払われますし、手荷物延滞保障もきちんと受けることができるので、このレベルの保障には必ず加入しておいた方がいいです。

広告募集中